LCCの仕組みを理解しよう

現在飛行機の利用の際も「格安航空券」の利用が当たり前となっています。名前の通り格安のチケットもたくさんあります。こうしたチケットやお盆やお正月などかきいれ時は対象になっておらず、平日やローシーズンなど利用者が少ないときが多いです。利用者が少ない時期は少しでも空席を埋めようと各社が努力しているのです。
LCCですがけっこう多い疑問が「LCCの飛行機は安全なんだろうか?」といったクエスチョンです。なぜこうしたクエスチョンが出るのか?というと価格があまりにも安いことが要因です。日本はLCCの普及が遅れている国でもあります。ようやく最近は就航も増えてきましたが、LCCの人気がいまひとつなケースも少なくありません。

LCCについては2000年に入ってから世界各地で本格普及を果たしています。その前もLCCは存在していたのですが、経営難になったケースが多く長続きないのが通例でした。それを根本的に覆したのがエアーアジアです。日本でもおなじみのエアーアジアはマレーシアを基点に就航しています。東南アジアはすでにエアーアジアだらけと言っても過言ではありません。
ジェットスターについても就航が多く見られます。ジェットスターはオーストラリアを中心にアジア60拠点で就航しています。ジェットスターやエアーアジアは日本の国内線もカバーしています。
これらの航空会社ですが、安全性についても全く心配はありません。なぜ心配ないのか?というと飛行機の運営にはさまざまなルールが課せられており、安全性についてもそうしたルールの1つとなっています。ANAやJAL同様、安全性がしっかりしていないと就航自体が認められないのです。もし安全性に問題があれば、就航はNGとなります。

ではなぜあんなにも安いのか?というと人件費やサービスを極力抑えているからです。LCCは自社のサイトでチケット販売をしています。店舗を持つ旅行代理店でも購入は可能ですが、その場合手数料がかかります。つまり格安でチケットを手に入れたい人はジェットスターやエアーアジアのサイトから直接購入するのが1番というわけです。
このようにコスト削減の対応の良さがコストに反映されており、今日のような格安のチケットが登場したわけです。
このことからも安全面の経費を削っているわけではないことがご理解いただけるかと思います。逆に安全面のコストはどんな格安の航空会社であっても絶対に削ることはできないのです。ぜひ参考にしてください。

投稿日:

LCCも従来の航空会社も安全面は一緒

「LCCを利用してみたいのだけど、安全面は大丈夫なのかしら?」といった声はけっこう耳にします。LCCは日本ではようやく就航数が増えてきた状態で、まだまだ疑問点もあるかと思います。実際に乗ってみるとすんなりイメージがつかめると思いますが、今までになかった形態の運営なので疑問を持つのは当然のことです。
国際線をはじめ日本各地でもエアーアジアやジェットスターは運行しています。海外・国内の移動に便利です。

ジェットスターは成田空港を基点に国内各地に運行しています。成田空港の到着した海外ゲストもそのまま移動できるので人気の航空会社となっています。
ジェットスターを利用するにあたって、安全面を気にされている方はそうした心配は全く不要ですのでご安心ください。なぜならジェットスターをはじめLCCは安全面をクリアした機体のみが運行を許可されているのです。
もし安全面に問題があったり、何かトラブル等があると日本の空港では運行が認められません。ANAやJALなどと同様に安全面には最新のチェックがなされます。それをクリアしていることが前提で運行がスタートしています。

実際にジェットスターについては墜落事故の経歴がありません。これもうれしい限りです。飛行機事故は大きな災害につながります。全員が死亡といった事例も少なくありません。天候の影響もありますし、操縦士に問題がある場合もあります。また機体に不備があって事故になった例もあります。このようにもちろん事故になる確率はゼロではありませんが、日常利用する機会が多い車に比べたら事故の確率はほぼありません。
安全面については整備も含めてかなり慎重に行われています。LCCは同じ機体を入れて、部品を共有できるよう工夫しています。機体も違う種類だと部品も違うものをそろえなくてはなりません。そのロスがあるので、同じ機体を導入しているわけです。また同じ機体の整備だと整備についても手慣れてきます。違うものを複数扱うより、その機体を熟知できるからです。

運行前には整備についても万全に行われています。保安局の検査ももちろんクリアしています。こうした形で確かな整備が実施され、今日の就航実績につながっているわけです。
海外旅行の際は保険加入の選択もあります。これは自分の意思です。お金をかけて保険に入るか、とにかく航空券を安くしたいといった人は保険加入を選択しないという手もあります。
これ以外についてはジェットスターも他の航空会社と同様です。ジェットスターで良い旅になることを願っています。

投稿日:

LCCも安心して乗ることができる

「ジェットスターのチケットが安いのけど、安全面は問題ない?」と心配している方もいることでしょう。こちらについては全く心配ないのですが、従来の航空会社と比較するとチケット代が安いことも心配の要因になっているようです。「ジェットスターをはじめLCCは安全です!」とここで声高らかに宣言します。

LCCの就航については安全面をクリアした上で認められています。海外のLCCの中には日本の安全基準を満たしていないことが要因で乗り入れが禁止になった例もあります。しかし現在運行しているものは、安全面を当たり前にクリアしています。これで少しは安心してもらえるでしょうか?

昔ながらの習慣でANAやJALでないとちょっと不安といった人もいるようです。LCCとは確かに運営が異なります。しかし安全面については同じルールで行われています。
またLCCでも姿を消した航空会社もあります。過去の例を見てみると事故を起こしたり、管理のずさんさが原因でトラブルがあったという例です。管理のずさんさが事故につながった場合例外なしといってもいいほど倒産しています。つまり生き残っているLCCは現段階でそうしたトラブルがないということです。

コストが安いだけではLCCも生き残れない時代です。ジェットスターのような大手でも同じことが言えます。コストを下げつつも安全性やその他こともしっかりやることが前提なのです
LCCについても整備は従来の航空会社同様に行っていると思って間違いありません。ジェットスターは特にアジア各国でも活躍している大手であり、信頼瀬も高いです。
LCCで旅行をすると安価で旅行ができますし、時間があれば色んな国に行くことも可能です。ジェットスターやエアーアジアを乗り継いで旅に出るのも良いでしょう。また時間の融通がきくときはキャンペーンチケットを狙えばさらに格安で航空券が手に入ります。チケット代金もキャンペーンのときに購入すれば安いのですが、出発日直前などはそれなりの価格に高騰しています。2倍近い価格になっていることもあります。

LCCはヨーロッパでも普及しています。ヨーロッパは各国の空港は日本よりも整備基準が厳しいところも多いです。このようにLCCの運行もしっかり見張られています。
ヨーロッパ旅行を計画している人は、LCCの利用も検討してみるといいでしょう。短時間で移動が可能ですし、料金も安いです。旅行の足として今後さらなる発展を期待したいところです。

投稿日:

LCCは整備にも力を入れている

航空会社にとって整備はとても大事なものです。整備に必要な部品はあらかじめ準備しており、出発前には必ず機体の確認が行われます。定期的に大掛かりな整備も手がけており、安心して乗ることができます。
もし機体に不備があった場合どうするのか?というと代替の機体で運行したり、時には機体の調整の関係で欠航になることもあります。このように運行には大きな注意を払っています。

LCCについてはチケットが安いため「機体整備は大丈夫なんだろうか?」と思っている人もいるようです。これについても100%問題ありません。チケットが安いのにはコスト削減を実施している影響なわけですが、機体整備について肝心な部分のコスト削減は一切していません。機体整備でコストに反映されている要素ももちろんあります。それは同じ機体を導入して、部品の予備をそこまで持たなくていいようにするといった方法です。これは非常に効率の良い方法でもあります。

日本は飛行機も含めて世界の中でも安全基準が厳しい国です。ヨーロッパも厳しいことで知られています。大手航空会社と同じように整備がされています。そして就航許可が出ているわけです。欧米以外については安全基準で差がある場合もありますが、基本的には同じような機種と整備を実施しています。エアラインに見てみも、事故率なども含めて大差はありません。
LCCの例をあげてみるとアメリカのsouthwest航空やイギリスのイージージェット、アイルランドのライアンエアは乗客乗員ともに死亡事故はゼロです。このように安全に優れているLCCもあるのです。LCCについては信頼性も重視し整備を行っています。

ジェットスターについても整備が万全です。この機会に1度乗ってみてはどうでしょうか?機体の綺麗さでも定評があります。シートも綺麗な革シートでゆったり気分で座ることが可能です。
ジェットスターは海外のゲストからも定評を集めており、日本国内の移動の際もJetStarを利用する人も多いです。人気を裏付けるように乗客数についても満席に近い状況となっています。

航空事故については悲惨な事故も多く、万が一のことを考えたら不安だという気持ちもよく理解できます。少なくとも日本国内は安全基準が厳格に定められており、航空会社の運賃問わずに規制がなされています。
これで安心してジェットスターを利用できるかと思います。まだ利用したことがない人もこの機会に利用してみてはどうでしょうか?

投稿日:

LCCのコストの仕組みを理解すれば安全性も理解できる

LCCは航空券の安さがウリで格安チケットなどが多数出ています。飛行機でこんなに安く旅ができる時代なんだなと痛感することも多いのではないでしょうか。飛行機での旅は移動の負担も少なく、陸路移動を考えると非常に短時間で移動することができます。遠地には飛行機利用が1番です。日本も北から南へと長く伸びて例えば北海道から九州への移動は大変長距離です。飛行機であれば2時間程度で移動が可能です。

LCCについては北海道をはじめ、主要都市を中心に就航が増えています。海外では満席に近い売り上げ状況なのですが、日本国内は7割程度の乗車などそんなに多い売り上げとはいえないようです。安全性についても不安を持っている人も少なからずいます。本来はこうした心配は無用なのですが、詳細を知っておけば安心することでしょう。
飛行機の運航は従来の航空会社・LCCを問わず安全性のチェックが厳しくなされています。安全性については格付けがあり、最高が7で最低が1です。JALやANAの評価も気になるところです。JALやANAは最高ランクの7となっています。

安全性でアウトが出ればその会社は運行中止命令が出されます。実際に海外の航空会社で安全性に不備があるとして運行が中止になった例もあります。JetStarなどすでに運行している路線は、日本の厳しい審査を乗り越えて問題なしと判断され、運行していることがわかります。LCCについては経費削減を徹底しているわけですが、安全については経費節減で害があるような体制はとっていません。むしろ信頼性を高めるためにきちんと整備しています。

事故があったり、整備の不備などがあったLCCはほとんど姿を消しています。整備などはきちんと対処しないと風評被害も出ますし、会社の存続にも関わるのです。何より乗客の命に直結するので絶対的にきちんと行うことが前提となっています。これで安心してジェットスターをはじめLCCを利用できるかと思います。コスト削減は人件費を中心に実施しています。例えば荷物の預けサービスの有料化や機内食のサービスの有料化です。今まで普通にあったサービスを有料化し、その分コスト反映しています。安全性についても手を抜いているわけではありません。

LCCの体制のあり方を理解すれば、安全性には全く影響がないことがわかるかと思います。LCCのあり方は、企業にとってもビジネスモデルとなる面が多いです。なくても良いものは排除あるいは有料化し、必要なものはしっかりとつけています。