LCCの仕組みを理解しよう

sfa

現在飛行機の利用の際も「格安航空券」の利用が当たり前となっています。名前の通り格安のチケットもたくさんあります。こうしたチケットやお盆やお正月などかきいれ時は対象になっておらず、平日やローシーズンなど利用者が少ないときが多いです。利用者が少ない時期は少しでも空席を埋めようと各社が努力しているのです。

LCCですがけっこう多い疑問が「LCCの飛行機は安全なんだろうか?」といったクエスチョンです。なぜこうしたクエスチョンが出るのか?というと価格があまりにも安いことが要因です。日本はLCCの普及が遅れている国でもあります。ようやく最近は就航も増えてきましたが、LCCの人気がいまひとつなケースも少なくありません。

LCCについては2000年に入ってから世界各地で本格普及を果たしています。その前もLCCは存在していたのですが、経営難になったケースが多く長続きないのが通例でした。それを根本的に覆したのがエアーアジアです。日本でもおなじみのエアーアジアはマレーシアを基点に就航しています。東南アジアはすでにエアーアジアだらけと言っても過言ではありません。

ジェットスターについても就航が多く見られます。ジェットスターはオーストラリアを中心にアジア60拠点で就航しています。ジェットスターやエアーアジアは日本の国内線もカバーしています。

これらの航空会社ですが、安全性についても全く心配はありません。なぜ心配ないのか?というと飛行機の運営にはさまざまなルールが課せられており、安全性についてもそうしたルールの1つとなっています。ANAやJAL同様、安全性がしっかりしていないと就航自体が認められないのです。もし安全性に問題があれば、就航はNGとなります。

ではなぜあんなにも安いのか?というと人件費やサービスを極力抑えているからです。LCCは自社のサイトでチケット販売をしています。店舗を持つ旅行代理店でも購入は可能ですが、その場合手数料がかかります。つまり格安でチケットを手に入れたい人はジェットスターやエアーアジアのサイトから直接購入するのが1番というわけです。
しかし、今はアプリやネットで格安航空券の予約や比較ができるものも増えてきているのが現状です。ジェットスター格安航空券やその他格安LCCの航空券も一括で比較や予約ができるのは大変ありがたいですね。

このようにコスト削減の対応の良さがコストに反映されており、今日のような格安のチケットが登場したわけです。
このことからも安全面の経費を削っているわけではないことがご理解いただけるかと思います。逆に安全面のコストはどんな格安の航空会社であっても絶対に削ることはできないのです。ぜひ参考にしてください。