LCCのコストの仕組みを理解すれば安全性も理解できる

LCCは航空券の安さがウリで格安チケットなどが多数出ています。飛行機でこんなに安く旅ができる時代なんだなと痛感したりもありますよね。飛行機での旅は移動の負担も少なく、陸路移動を考えると非常に短時間で移動することができます。遠地には飛行機利用が1番です。日本も北から南へと長く伸びて例えば北海道から九州への移動は大変長距離です。飛行機であれば2時間程度で移動が可能です。

LCCについては北海道をはじめ、主要都市を中心に就航が増えています。海外では満席に近く景気がいい状況なのですが、日本国内は7割程度の乗車などそんなに多い売り上げとはいえないようです。安全性についても不安を持っている人も少なからずいます。本来はこうした心配は無用なのですが、詳細を知っておけば安心することでしょう。
飛行機の運航は従来の航空会社・LCCを問わず安全性のチェックが厳しくなされています。安全性については格付けがあり、最高が7で最低が1です。JALやANAの評価も気になるところです。JALやANAは最高ランクの7となっています。

安全性でアウトが出ればその会社は運行中止命令が出されます。実際に海外の航空会社で安全性に不備があるとして運行が中止になった例もあります。JetStarなどすでに運行している路線は、日本の厳しい審査を乗り越えて問題なしと判断され、運行していることがわかります。LCCについては経費削減を徹底しているわけですが、安全については経費節減で害があるような体制はとっていません。むしろ信頼性を高めるためにきちんと整備しています。

事故があったり、整備の不備などがあったLCCはほとんど姿を消しています。整備などはきちんと対処しないと風評被害も出ますし、会社の存続にも関わるのです。何より乗客の命に直結するので絶対的にきちんと行うことが前提となっています。これで安心してジェットスターをはじめLCCを利用できるかと思います。コスト削減は人件費を中心に実施しています。例えば荷物の預けサービスの有料化や機内食のサービスの有料化です。今まで普通にあったサービスを有料化し、その分コスト反映しています。安全性についても手を抜いているわけではありません。

LCCの体制のあり方を理解すれば、安全性には全く影響がないことがわかるかと思います。LCCのあり方は、企業にとってもビジネスモデルとなる面が多いです。なくても良いものは排除あるいは有料化し、必要なものはしっかりとつけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>