LCCは整備にも力を入れている

航空会社にとって整備はとても大事なものです。整備に必要な部品はあらかじめ準備しており、出発前には必ず機体の確認が行われます。定期的に大掛かりな整備も手がけており、安心して乗ることができます。
もし機体に不備があった場合どうするのか?というと代替の機体で運行したり、時には機体の調整の関係で欠航になることもあります。このように運行には大きな注意を払っています。

LCCについてはチケットが安いため「機体整備は大丈夫なんだろうか?」と思っている人もいるようです。これについても100%問題ありません。チケットが安いのにはコスト削減を実施している影響なわけですが、機体整備について肝心な部分のコスト削減は一切していません。機体整備でコストに反映されている要素ももちろんあります。それは同じ機体を導入して、部品の予備をそこまで持たなくていいようにするといった方法です。これは非常に効率の良い方法でもあります。

日本は飛行機も含めて世界の中でも安全基準が厳しい国です。ヨーロッパも厳しいことで知られています。大手航空会社と同じように整備がされています。そして就航許可が出ているわけです。欧米以外については安全基準で差がある場合もありますが、基本的には同じような機種と整備を実施しています。エアラインに見てみも、事故率なども含めて大差はありません。
LCCの例をあげてみるとアメリカのsouthwest航空やイギリスのイージージェット、アイルランドのライアンエアは乗客乗員ともに死亡事故はゼロです。このように安全に優れているLCCもあるのです。LCCについては信頼性も重視し整備を行っています。

ジェットスターについても整備が万全です。この機会に1度乗ってみてはどうでしょうか?機体の綺麗さでも定評があります。シートも綺麗な革シートでゆったり気分で座ることが可能です。
ジェットスターは海外のゲストからも定評を集めており、日本国内の移動の際もJetStarを利用する人も多いです。人気を裏付けるように乗客数についても満席に近い状況となっています。

航空事故については悲惨な事故も多く、万が一のことを考えたら不安だという気持ちもよく理解できます。少なくとも日本国内は安全基準が厳格に定められており、航空会社の運賃問わずに規制がなされています。
これで安心してジェットスターを利用できるかと思います。まだ利用したことがない人もこの機会に利用してみてはどうでしょうか?